本文へスキップ

リフォーム業者の探し方・選び方【おすすめリフォーム業者】

リフォーム業者の探し方・選び方

優良リフォーム業者はどうやって探す?

リフォーム業者の探し方

昨今は空前のリフォームブーム。

多くの建築業者が戸建てやマンションのリフォーム工事を請け負っています。

しかし、問題は、建築会社によってその料金や作業期間などがバラバラということ。

リフォーム詐欺などもあり、ボッタクリは避けたいし、かと言って安くても粗悪な素材や最低レベルの職人を使われるのも怖いことです。

千差万別なリフォーム業者の中から理想のリフォーム業者を探すにはどうすれば良いのでしょうか?

まず、地元のリフォーム業者をリストアップ、過去のリフォーム実績などを調査、工事をしたご家庭から評判を聞く。

このように手間をかけると、理想のリフォーム業者を見つけることができます。失敗しないためには手間暇を惜しまないこと。これが大切です。

と、ここまでは理想論をお話ししましたが、現実、そんなことをやってられるほど暇な人はいないはず。

そこでオススメなのが、ホームプロというサービスを活用する方法です。

ホームプロとは、RECRUIT、大阪ガス、NTT西日本、NTT東日本が出資してできたリフォーム業者紹介サイトのこと。

このホームプロには、実績と信頼を得ている建築会社しか登録することができません。実際10社に1社というかなり厳しい審査基準。なので、ホームプロを通してみつけたリフォーム業者ならば、作業にあたる建築職人のスキルやノウハウも安心できるというわけです。

でも心配は、優良業者ならばリフォーム料金が高くなるのでは・・・ということ。

でもご安心ください。

ホームプロを利用すると、いくつもの業者から相見積もりを取ることができるため、料金の比較が簡単にできたり、値段の交渉もやりやすいという特徴があるため逆にお得な料金でリフォームをすることができます。

また、ホームプロでは、リフォーム業者を選ぶ際には、さまざまな条件から目当てのリフォーム業者を選び出すことができるために、より理想の建築業者を見つけ出すことが可能です。

このホームプロ、最近では優秀な建築業者を紹介してくれる紹介サイトとして、定着しつつあります。徐々に知名度も上がってきており信頼できる紹介サイトと言えるでしょう。

加盟店に対する定期的なセミナーも開催されています。よりお客様に対して満足度の高いサービスを提供できるように勤めていることが良くわかります。より充実度の高い改築工事を依頼するならこのホームプロはまさにオススメのサイトです。

リフォーム業者紹介サービス「ホームプロ」の流れ

ホームプロの使い方

リフォーム業者の探し方、選び方について触れてきましたが、ここでは、もう一歩踏み込んで、ホームプロの使い方についてご紹介していきたいと思います。

何度も言いますが、リフォームを考えた際にまずチェックしてほしいのがホームプロというサイトです。

ホームプロでは厳しい基準をクリアした優良リフォーム会社を紹介してくれます。

流れとしては、

1.自身の希望を添えて業者紹介を申し込みます。
2.ホームプロの厳しい審査を通貨した複数の優良リフォーム業者から、サイト上の専用ページを通じて連絡がきます。
3.その専用ページの中で納得のいくまで各会社と商談(匿名でOK)。
4.複数の業者をしっかりと比較。
5.納得のリフォーム業者が見つかればリフォームを依頼。

このような流れになります。

各会社の利用者の声や口コミも掲載されているので、そちらを参考にすることも可能です。

その後、現地調査、見積もりをみて施工依頼、契約という流れになります。
ホームプロでは、ご自身では探せない優良な会社に相談できるという利点があります。

また度々報道されているリフォーム会社に申し込んだものの、そのリフォーム会社が倒産してしまい工事が中止になり大切なお金も失ってしまうという問題があります。

そういった事が起こらないようにホームプロでは独自の保証でカバーされているので安心してご利用頂けます。

激安・格安リフォーム業者は危険か?

激安・格安業者は危険か?

さて、話は少し変わりますが、結婚をしたり、子どもが生まれたりすると誰もが考えるのがマンションや戸建ての購入です。

消費税増税のニュースによる駆け込み需要でそれらの購入を急ぐ人も多いと思います。

アベノミクスが叫ばれてはいますが、その恩恵を授かっているのはほんの一部の人たちで、景気回復を肌で感じている人の方が少数派であるのが現実です。

夢のマイホームはもちろん新築のものでしょうが、そんな余裕がない人がほとんどといっても良いでしょう。

そこで、新築の購入よりも中古物件や今まで住んでいた家をリフォームする方向で考える方の需要も多いという現状です。

需要が多いと、そこには悪徳業者も増えてきます。

また、倒産する業者も増えてきます。

ただ安いからとか、知り合いがそこにリフォームを依頼したからとか、安易に決めずに、リフォーム業者を決める前には、必ず複数のリフォーム業者から見積もりを取り総合的に良いリフォーム業者を選びましょう。

あまりにも安いリフォーム業者は、安い職人を雇っている可能性があります。安い職人=技術の未熟な職人。不満の残るリフォームになってしまう可能性が高く非常に危険ですね。

リフォームは電化製品を購入するのとは違いますので、安いだけでは選ばないようにしましょう。

リフォームよりも建替えする場合の解体費用について

リフォームよりも建替え、となった場合、現在の建物を解体する必要があります。

この建替費用は曲者です。

実は、どこの業者に仕事を依頼するのか、また、どのような構造の建物なのかにより、かなり大きく価格差が生まれるのです。それはそれは恐ろしいほどの価格差です。

特に新しい住宅を建てる建築業者に解体も依頼してしまいがちですが、これはやめておいた方が良いかもしれません。通常、建築業者に依頼すると高くついてしまうことが多いからです。

この解体費用を安くするコツがあります。

この解体費用というのは少しの努力で大幅に安くできる方法があるのです。興味のある人は、「解体王 口コミ」などで検索してみると良いでしょう。